スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母子家庭のような家庭環境

今、家庭内にちょっとしたハプニングが起こっている。

家事、育児、収入面 そのすべてにおいて大きな不安を抱える。

それでも子ども達を守れるのは親しかいない。

ここは私が踏ん張って、夫婦で乗り越えていくしかない。

たとえ何かを諦めたり、捨てることになっても進むしかないんだね、、、

あとで笑い話になる経験は幾度としてきた。

きっと今回もそうなる。そうする。


苦労と思わないように。

試練だから。

2017/2/23

IMG_3121.jpg

今さらですが、2人目出産しました。

詳しいことはまた今度。

みーこ 享年14歳

2017/6/21 午後

みーこが虹の橋を渡りました。

乳がんの末期状態で最期は大量の出血をし、その3日後に亡くなりました。

下半身はトイレ、上半身はトイレの外に倒れこんでいる形で亡くなっていました。

とてもきれい好きで神経質な猫でしたが、

毛づくろいができずボサボサになり、元気だったころの面影も薄くなりつつなっていました。

ただフラフラになりながらも、最後までちゃんとトイレに入ろうとしていたのは本当にみーこらしいなと……

ゴロゴロと大きな声で喉を鳴らす子でしたが、最後に聞いたのは亡くなる何日も前のことだったと思います。


自分自身の子育てで、少し蔑ろにしていた部分もあり、

ここ数か月のことを思うとしっかり抱いてあげたのも数回もなく

とても寂しい思いをずーっとしていたかと思うと悔やんでも悔やみきれません。


初七日が過ぎ、ずーっと泣き続けていた夜もなくなりました。

でも心にぽっかり穴があいたような喪失感のようなものは

まだまだ心を締めつけます。

部屋のあちこちでみーこの面影や、鳴き声や、頭を撫でた手に伝わる柔らかな毛の感触を思い出し、

とても辛く、また楽しい思い出も同時によみがえったりします。



次の日にお別れをし、遺骨となってしまってとても悲しいです。

14年間も連れ添った可愛い娘。

あまりにも思い出が多すぎて、まだまだ苦しい日々が続きそうです。
PIC_0083.jpg

003 (17)

テーマ :
ジャンル : ペット

new!!
category
Calendar
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
♥♥ 結婚記念 ♥♥
♥♥ 出会い ♥♥
♥♥ 娘 ♥♥
♥♥ 娘2 ♥♥
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。